×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

話し方・スピーチ・緊張しないコツ、その他面接のコツや、コミュニケーションスキルアップ・改善を目指す人のための演劇ワークショプ!

ソンホイルワークショップ 社会人のための演劇教室ソンホイルワークショップ ご利用ガイド お問い合わせ


■ソンホイル プロフィール
1973年生まれ。大学卒業と同時に上京し、俳優を志す。映画やTV、舞台等に多数出演。自ら劇団を立上げ、作・演出も手掛ける。28歳を機に会社員に転身。以後、派遣会社の面接コーディネータなどを経て、現在はIT系の上場企業にてセミナー講師や新人研修などを行う。日韓合作映画『夜を賭けて』や土曜ワイド劇場『車椅子の弁護士』、紀ノ国屋ホールや全労災ホールなどの舞台経験を持つ。



カテゴリ別話し方教室レッスン
1.話し方の基本
2.緊張しない方法
3.対人交渉のコツ
4.コミュニケーション改善
5.個人レッスン
6.演劇ワークショップ

講師紹介
レッスン紹介
体験者の声
料金体系
開催場所
サイト紹介
リンク集
お問い合わせ
   

【 体験者の声を紹介 】
アンケート
私よく声がしゃがれていると言われることがあります。自分ではそれほどとは思っていなかったのですが、ソンホイルワークショップの個人レッスンで自分の姿と声をビデオで見た時に驚きました。正直、ここまで自分の声がしゃがれているとは思いませんでしたし、自分の話し方がとても偉そうな話し方に見えました。自分を客観視するのは難しいのだと感じさせられたと同時に、客観視することの大事さを痛感しました。(2009年8月3日)
体験者の声 スピーチって難しい!?「淡々とスピーチする自分に気付いたMさん」
職場の朝礼でスピーチをすることがあります。朝礼のスピーチの場合1分間位の時間で簡潔に話すので、いつも淡々と話しています。でも、そんな普段通りの私の姿をビデオレッスンで見て「えっ!これが私!?」と思いました。あまりにも暗くて、言葉に力や抑揚がなく、ソンホイル先生にもそのあたりを指摘して頂きました。なんかちょっとショックだったんですけど、でも分かっただけでも良かったです。ソンホイル先生ありがとうございます。(2009年8月3日)
■とてもスッキリした気分を味わえました! 「Aさん」
前々から興味のあるレッスンだったので、勢いで参加しました。不安が全く無かった訳ではありませんでしたが、参加してとてもよかったと思いました。普段の生活ではあまり自分を開放する事ができず、萎縮して鬱々としてる自分がいましたが、今日自分を表現する状況に身をおいてすごく今すっきりできています。自分に必要なのは、こういう経験なんだって思いました。是非また、参加したいと思います!(2008年7月12日)
■もっと長い時間を掛けて受講してみたいです 「1児の父である会社員Jさん」
演劇などは全く未経験でしたし、むしろ避けていたくらいでした。ひょんなキッカケで「演劇とはなんぞや』と思い、偶然サイトで見つけたのがソンホイルWSでした。よくある話し方教室やボイストレーニングのような技術・テクニック系の教室ではなく、人間の根本や感情に触れるようなWSだと思い参加しました。いろんな自分と向け合えることができ、今度は長時間を掛けて(1泊2日など)ワークショップを受講したいと思いました。(2008年7月12日)
■声のバリエーションでこんなに変わるなんて 「会社員Kさん」
話し方を学びたいと思って参加したのですが、話し方の前に“声”というものの大切さを初めて知りました。普段、自分の声などをあまり意識したことがなかったのですが、講師のソンホイルさんや、みんなの替わり様を見て、驚きと同時に、今後はもっと自分も意識しなければならないと感じました。とても勉強になりました。(2008年5月31日)
■はじめは恥ずかしかったけどだんだん慣れてきました 「会社員Tさん」
前回参加した時は、すごく恥ずかしくてあまり上手く朗読や演技ができなかったけど、今回は少し慣れてきたので、前回よりは恥ずかしがらずにできるようになりました。まだま人前に立つと緊張するので、もっともっと体験して、改善していきたいです。
(2008年5月31日)
■五感を使うことを忘れていました 「演劇経験者のKさん」
インプロ(即興劇)や演技を行う中で、『感じる』ということをつい忘れていることを自覚できた。
人からどう見られているの、どう上手く見せようかということよりも、『伝えたい』ことに集中する
ことが緊張を和らげるコツであるということを少しは体感できました。
(2008年4月5日)
■みんなの変化が楽しかった 「自らも講師を務めるKさん」
4時間くらいの間で、最初の台本読みの時と、終わりの方の本読み・演技では別人のようになっている人がいたのが驚きだった。後半はたくさんの人が自分を解放し、思いっ切り自分を表現している姿を見るのが楽しかった。(2008年4月5日)
■お得な気分です 「お笑いタレントを全力で目指しているOさん」
4時間の内に、沢山の事をテキパキ学べ、お得な気分でした(^O^)そして、解りやすく楽しく学べました!ありがとうございますm(_ _)m また参加させて頂きたいので、宜しくお願い致します!
(2008年2月16日)
■あっという間の4時間でした 「東京に引っ越して来たばかりのEさん」
いろんなゲームをするうちに自分の考え方の癖なども少し分かったような気がします。ゲームも、人前で何かをすることも、楽しくてあっという間の4時間でした。ありがとうございます。
(2008年2月16日)
■夫婦で参加するのもいいですね! 「S夫妻」
普段のデートは映画やライブ、食事やショッピングに行ったりというのがほとんどなので、演劇を夫婦で一緒にやるとは思いませんでした(笑)。自分達の未来の姿を演劇を通じて体験したり、普段の何気ない会話や仕草を他人を通して観ることで、何か得るものがありました。芸術を体験するというのはいいですね。昔バンドをやっていた頃の高揚感を思い出しました。
(2007年12月15日)
■職場で大きな声で報告できるようになった 「23歳のYさん」
職場の朝礼で毎朝業務報告を行っています。以前は大きな声で報告するのが何か恥ずかしい気がしましたし、『声が小さい』と言われた時は、逆に無理をして大きな声を出していました。しかし、ソンホイルワークショップの朗読レッスンを通じて抑揚や、間の取り方を学んだ事で、ほんの少しは以前より楽に声が出せるようになりました。次回も是非、遊びに行きたいです!
(2007年12月15日)
■俳優体験を通じて 「飲食店の店長32歳 Aさん」
ホントに楽しかったです。今自分がやらなければいけないことが再確認できた気がします。なんでもかんでも苦手と思うことに尻込みしてしまう性分でありますが、それを乗り越えた先には、価値のあるお宝が潜んでいたりするんだよな〜などと考えたりしました。『恥をかく』というのもいいですね〜。また是非とも参加させて下さい。(2007年11月3日)
■演劇を通じた、話し方レッスンを体験!「会社員30歳 Tさん」
私は特に人前でのスピーチが苦手です。普段の職種もIT系のデザインなどを担当していますので、それほど人前で話したりする機会はないのですが、たまに人前で話したりする時はとても緊張するので、そういう場面がとても嫌でした。ソンホイルワークショップは講師の方が『この場を失敗から何かを学ぶ場にして下さい。』と言っていたように、いろんな気付きを得ることができました。特に、何かに“集中する”であったり、“論理的な話し方”、“テンポや抑揚のつけ方”のレッスンは参考になりました。ありがとうございました。(2007年11月3日)
 



<オススメ書籍>
  「いつの日にかきっと」(←私が出ています) 「となりのコリアン」(←この書籍にも、少し私が出ています) 「ドラマセラピーのプロセス・技法・上演  
ブックマーク相互リンク募集中!自動相互リンクサイトマップ講師ブログお問い合わせ

Copyright (C) 2007 ソンホイルワークショップ. All Rights Reserved.